FC2ブログ

Category Archives : ●二胡(気づき/学び)

練習ルーム - 2020/06/10(Wed)
引越し荷物の片付けついでに、自室(音読ルーム)を作りました。...
二胡も同じ(練習方法) - 2020/06/01(Mon)
テレサテンの歌マネ練習スタート笑練習の順番❶テレサテンの歌い方を覚える↓❷テレサテンの発音↓❸テレサテンの声質以上、二胡も同じ...
二胡も同じ(習得に関して) - 2020/06/01(Mon)
あるサイトよりリスニング勉強必要な時間海外旅行での最低限の理解500〜700時間一日1時間 1年半〜2年一日3時間 5〜8ヵ月日常、仕事での最低限の理解1000時間一日1時間 3年一日3時間 1年映画 字幕なしの理解10000時間以上一日1時間 30年以上一日3時間 10年以上 サイトより拝借以上、二胡も同じ習得までに必要な時間は練習内容の工夫次第で短縮できると思います。...
自粛期間中 - 2020/05/29(Fri)
自粛解除でも、今後も気を緩めることなく過ごすつもりです。正直、元のような生活様式に戻れるとは思っていません。自粛期間中は、自分自身を見つめ直す良い機会となりました。自分は、本当に何がしたいかどう生きていきたいか方向が見えた気がします。自分にとって必要なもの必要でないもの振り分けることもできた気がします。貴重な充電期間でした。色々、考えが前と変わったかもしれません。...
二胡も同じ(各言語の声質) - 2020/05/24(Sun)
各楽器の正しい音色各言語の正しい声質...
相乗効果 - 2020/05/21(Thu)
英語  (発声)  →  歌唱  (発声)  → 日常の会話  (発声)(発音)↓中国語(声調)↓二胡(演奏)↓自分自身(色々)相乗効果あると思います。多分、、、...
値段の違い - 2019/06/22(Sat)
音色の繊細さの部分で違いはあります。しかし、高級二胡は繊細過ぎるが為、音のコントロールが難しい気がします。そして、厚い蛇皮をしっかり振動させなければいけません。その為、高級二胡は、より技術力が必要だと聞きます。何となく、未だ扱いに苦労を感じるのはそのせいなのでしょう。20000円の二胡で拉いてみた⚫️【ハナミズキ】安いものは音色は雑ですが、こちらの方が扱い易く感じます。蛇皮が柔らかい分、音が出し易いから...
回想記 - 2019/05/27(Mon)
スクリーンショット機能のことを知り、エンジョイ中です。回想記(介護)2014/7/13 付記事介護鬱になりかけました。2019/5/26回想記それでも、仕事はこなさないといけません。2019/5/26回想記人それぞれ、人生、何かあると思います。お互い、頑張りましょう。...
講師活動の思い - 2019/05/27(Mon)
講師活動身体の不調 含め、色んな葛藤で苦しんだ時期もありました。教えることは「自分のライバルを作っているのだ」この言葉を聞いてから、考え方を変えました。教えつつ、追って来るライバル達に負けない様、ライバル達より先を先を進み、私も頑張るのです。腱鞘炎から四年、完治しているにもかかわらず痛みを作っているのは、自分自身と気づく、、、今後は「守り」は止め「攻め」で行く(なんのこっちゃ)私自身、二胡が大好き...
心に残る言葉、その後 - 2018/05/01(Tue)
●【心に残る言葉】2016年2月14日付記事↓●【心に残る言葉、その後】2018年5月1日付記事...
【会館だより】掲載 - 2018/02/24(Sat)
~ご縁を大事に~先日の児島民主会館さんとのご縁の始まりは、「そろそろ演奏活動スタートしよう」という頃の、私の練習場所でした。(ピアノがあり、格安で借りられるのが魅力でした)「会館だよりの利用案内コーナーに載せたい」とのことで当時の館長さんが写真をパチリ。(右側はピアニストさんですが、二胡ポーズ)そして、演奏依頼して下さるようになり、今に至っております。 2009年始め頃そういう意味で、児島民主会館は自...
二胡に共通するもの - 2017/08/26(Sat)
二胡は「太極拳に似ている」と言われていますが、意識身体の使い方は、某スポーツ に似ていると、私は思っています。...
同じ楽器でも音色が変わる - 2017/04/06(Thu)
二胡を習い始めの頃、「笛を吹いているのかと思った」と家族から言われたことがあります。(二胡らしさが全くないという意味)例えば、篠笛をリコーダー、フルート、尺八のような音で吹き分けることが出来ます。同じ楽器でも●●●によって音色が変わるということです。二胡の●●●を研究中です。...
心に残る言葉 - 2016/02/14(Sun)
5~6年前のこと。時々、JAZZ BARのセッションデーに参加していました。いつも同じ曲(1曲だけ)を歌っていました。「毎回毎回、同じ歌で恥ずかしいんですけど・・・」私「大丈夫、誰も覚えていないから!それより、その一曲を人の心に残るまで極めてみたら?」ニ胡をする上でも、あの時の言葉は今でも心の中に響きます。JAZZ BARではニ胡も拉かせてもらったことがあります。...
自己啓発 - 2015/10/04(Sun)
講師&演奏活動は自己啓発です。精神面含め、自分の足らないものが見え過ぎます。一つ一つ改善していけば良いです。...
楽器(身体)作り - 2015/09/21(Mon)
最近の教室にて、「理屈は分かっていても"拉ける身体"が出来ていないとこうです」と言いながら右手(運指)左手(運弓)逆で拉いたりしています。...
悔いのないように - 2015/06/26(Fri)
「あの時、もっと⚫️⚫️しておけば良かった」こんな後悔ほど残念なことはありません。"あの時"は後戻りできない過去のこと。だから、今しかない"今"やっておきます。"やるだけやった感"で臨みます。悩む時間が勿体無いので、とにかく行動あるのみ。どうするかは"その後"に考えます。...
二胡デュオ - 2015/06/19(Fri)
質問がありました。「二胡デュオを考えたことはないのですか?」全くありません。...
「音楽は心です」 - 2015/06/02(Tue)
5年前のステージ演奏活動を始めたばかりの私には荷が重く不安でした。しかし、共演のN先生からの言葉に救われました。「音楽は技術ではなく 心 です」...
アイススケート - 2015/05/15(Fri)
二胡「上達し甲斐のない楽器」よく言われます。安定した綺麗な音が出るまで長い年月が必要とされるからです。本当の音色、さらに表現力となると十年以上は必要かと・・・習い始めて3ヶ月~ 初期の方は、「考えていたより難しかった」「こんな筈じゃなかった」「どうしたら?!」「なぜ?!」「もっと」「早く」焦りが出るようです。アイススケート「いきなり綺麗に滑れますか?」「ただ立っているだけで上手に滑れるようになります...
夢の世界 - 2015/05/14(Thu)
ステージ女性達にとって、"衣装"を見ることも楽しみの一つだと思います。「今日のような衣装はどこで買うのですか?」「衣装がキラキラしてて素敵でした」「イヤリングの石の数が云々」などなど、お客様から言われたことがあります。ステージに上がる側も、控え室での準備中はワクワクしています。フラの時は、お互いの衣装チェックをしながらキャッキャッとまるで女子高生みたいでした。「必ず光り物を身につけて、ステージは"夢...
違うジャンル - 2015/05/11(Mon)
頭をリセットする時間が欲しくて、同時進行で色々と楽しむ性分でした。「一体、あなたは何を目指している?!」「私には理解できない」「一つに専念しなさい」何度も、二胡老師に呆れられました。そのうち、二胡だけに専念しないと身が持たなくなってきました。"一つに専念する"ことで、より発展もしました。もちろん、今も変わりありません。しかし、色んなことにチャレンジして良かったと思っています。...
「ダイヤモンドのように」 - 2015/04/20(Mon)
ある人から言われ、ずっと心に残っている言葉です。「何度も(心)傷ついて輝きを増していきなさい」(= 大いに恥をかいて成長しなさい)ダイヤモンド傷をつけることで研ぎ澄まされていきます。ただ、傷に耐えれるくらいの"強さ"というものが必要になります。弱い石だと、傷つける度に木っ端になってしまいます。筋肉だって、いったん傷ついて強くなっていくものです。悩むことも恥をかくことも私は歓迎します。その後に成長を感...
ぶっつけ本番 - 2015/01/29(Thu)
お互い練習ができていれば、ぶっつけ本番も大丈夫です。ライブハウスのセッションタイムと同じです。...
「何を目的に頑張られてきたのですか?」 - 2015/01/24(Sat)
↑ 昨日、他の二胡教室で習われている方達から質問されました。私の場合、【教室のため】です。講師として恥ずかしくない演奏をすることちゃんとした演奏が出来ないと説得できないそれだけです。ゴールはありません。それから、楽器を通して表現することが好きなだけです。(口下手なので)「もっと●●だったら良くなるのに」「何故●●なんだろう?」「やるからには!」という気持ちが強いです。なので、研究&追求が好きです。「どう...
「多分、こんな音色?!」 - 2014/12/04(Thu)
そう思っていれば、【多分、こんな音色?!】の音しか出せません。...
本当の音色 - 2014/12/02(Tue)
フルートを吹く人が篠笛を吹くと【フルートの音】バイオリンを弾く人が二胡を拉くと【バイオリンの音】日本人が二胡を拉くと【日本人の音】と聞きます。同じ楽器なのに、奏者によって音色が変わるのは面白いです。【音に対する認識】が関係しているようです。ということで、二胡本物の音色(響き)を耳に入れてやります。(脳への記憶)そして、少しでも【中国人の音】に近づきたいので中国語を学びます。発表会前の数日は勉強をサ...
ソロ演奏する理由 - 2014/10/22(Wed)
伴奏者がいると「楽しかったね」で終わることが多いのですが、一人で演奏した後は、反省点が限りなく出てきます。もっとこうすれば良かった今度はこうしよう何故?!などなど・・・誰にも頼れない分、自分の未熟さが身に染みるのです。変な演奏をしてしまい、恥ずかしい時も多々あります。が、次へのエネルギーになるので、この刺激を楽しんでいます。ユニットを組まない(個人名で活動する)理由も自分のミスは自分の責任にしたい...
ストリート練習する理由 - 2014/10/08(Wed)
商店街【木曜市】去年の発表会前は【木曜市】に出没して、ストリート練習をしました。人通りはありますが、皆さん素通りです。そんな中、黙々と拉き続けます。結構、精神面を鍛えられます。↑ まるで目立ちたがり屋みたいですけど、私は恥ずかしがり屋です。自分を追い詰める性分なだけです。自分の下手さが悔しい出来なくて悔しいこれは、誰かと競争ではなく【自分】に対してです。いつも頭の片隅にある言葉があります。昔、ある...
二胡活動について - 2014/10/02(Thu)
演奏活動を始めた頃のことです。ある日、某集会に呼んでいただくことになりました。胸に勲章を着けられた方々から「今日はようこそおいで下さいました」「昔、DEN先生も演奏して下さったんですよ」深々と一礼されました。私は、ただ二胡を演奏出来るようになっただけです。今までの自分と何ら変わりはありません。『これは、先生が今までの20年間で築き上げてきたものなんだ』と、気づきました。だから、先生が築かれた信用とポジ...